格安航空券の旅行はゆとりのある計画にしよう

夜の空港

格安航空券の旅行はゆとりのある計画にしよう

あなたは、旅行にいくときにはどんな計画を立てますか。せっかくの旅行だからたくさん観光名所を回りたい、もしくはのんびりと過ごしたいのどちらですか。
そんな旅行の計画ですが、格安航空券を使うときには、ゆとりのある計画がいいかもしれません。

航空券を格安で買おう

水色淵の航空券
航空券も多くの航空会社から販売されています。格安と大手と大きく分けることができます。
格安航空会社だと、JALやANAといった大手の正規料金の半額以下なんていうこともあり、お手軽な値段で飛行機に乗れるようになりました。格安航空会社によっては、航路が限られていたり、また地域によっては利用できない格安航空会社もあります。そこに気をつけながら、格安航空会社の航空券を購入してみてくだい。

なお、大手の航空会社でも早割を使えばかなりお得になります。
今では、格安にして航空券が買える時代だといえます。

格安航空券にしたときの旅行計画は余裕をもって

特に格安航空会社にしたときですが、旅行の計画では余裕を持つようにしましょう。というのも、遅延や欠航を考慮しないといけないということです。
格安航空航会社の場合、機体数が少ない、地方飛行場だと人手不足や機材不足などから、機体のチェックに時間がかかる、また機材トラブルが起きやすいようです。そのため、遅延がしばしば起こるようです。実際に国土交通省が遅延が起きやすい航空会社ランキングを発表しており、上位はジェットスタージャパン、ピーチ、バニラエア、日本トランスオーシャン航空、スカイマークとなっています。大手のJALやANAは下位、つまり遅延しにくいというのです。
確かに口コミでも格安航空会社にしたら何時間も遅延したなんてことも書かれています。中には十数時間なんてこともあるようです。

一方、欠航の起こりにくさについてもランキングが発表されており、実は上位はジェットスタージャパン、ピーチ、バニラエアとなっています。そのあとに、JALやANAが続きます。欠航については、各航空会社とも大きな差はなさそうです。

遅延については仕方ない

せっかくの旅行で遅延になると、そのあとの計画に大きく影響してしまいます。また、時には予定日に目的地にさえつけないなんてこともありえます。
特に格安航空会社の場合には、要注意と言えます。
ですので、計画をゆとりのあるものにするか、どうしても遅れてはいけないときには正規料金で大手の航空会社にすることも必要でしょう。そういう意味からでも、航空券の料金や航空会社に関して使い分けも考慮していきましょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 メリット以外も把握しよう!格安航空券の特徴とは All Rights Reserved.