格安航空券とそれにまつわる時間を知っておこう

夜の空港

格安航空券とそれにまつわる時間を知っておこう

格安航空券を利用したことのない人もまだまだ多いでしょう。JALやANAといった大手の航空会社の早割を利用したことはあるけど、格安航空会社は1度もいう人も多いはずです。確かに口コミでも賛否両論ありますが、1度は利用してみて、自分に合うのか確かめたいところです。

格安航空券には、いろいろな時間がかかわっている

格安航空会社の利用も地域によっては何社からも選べて便利です。大都市の東京や大阪や福岡周辺ならばより、格安航空会社を選びやすいのですから、使わないのはもったいです。

そんな格安航空会社や大手の航空会社には、いくつも時間が関係しています。
まずは、搭乗日の何日前に買うかです。大手のJALやANAでは、早割がありますが期間がおおまかとなっています。それと比べると格安航空会社は、1日前、3日前、5日前、7日前のようにさらに細かくなっています。時には搭乗日の3時間前くらいでとキャンペーンなどでさらに安くすませられたりもします。

その次は出発の時間です。出発では、格安航空会社では航路も限られている上に、飛行機の機体数も限られています。出発の時間では午前に1本、午後に1本、夜に1本と言う具合です。出発時間の都合は大手の航空会社の方がより選びやすいでしょう。しかし、格安航空会社だと、朝の6時頃に東京向けの飛行機が飛んだりして、大手よりも早く東京など現地につけたりもします。また、深夜に飛んで朝方につく飛行機もあります。これならば、移動で1日を潰さなくてすむメリットもあります。
早く現地につきたいときには、格安航空会社がいいかもしれません。

搭乗手続きでは時間に要注意しておこう


大手の航空会社だと、それほど搭乗手続きでも苦労はしないはずです。もちろん、チェックインや荷物を預けたり、さらに保安検査もありますが、観光シーズンでなければ、それほど待つこともないでしょう。
ところが気をつけるのは、格安航空会社の場合です。空港によってはカウンターが他の航空会社と共有だったり、見つけにくい、また歩かないといけないなど意外と時間がかかってしまうことも出てきます。ですので、はじめての利用の時にはどこの格安航空会社であっても余裕をもって飛行場へいった方が良いでしょう。
事前に何処のカウンターを使用するかを各航空会社のホームページを利用して確認するのも有効です。
また時間に遅れたりすると、搭乗できないこともあるので、要注意です。

飛行機の出発に関わる時間は

飛行時間は、大手も格安航空会社でもそれほど差はありません。しかし、遅延は格安航空会社が多いようです。

ここにあげたように格安航空券を買うとそれに伴って時間もいろいろと関わるので意識しておきましょう。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 メリット以外も把握しよう!格安航空券の特徴とは All Rights Reserved.