格安航空券を買う前はこまめにホームページをチェック

夜の空港

格安航空券を買う前はこまめにホームページをチェック

ゴールデンウィークや夏休みや正月など、飛行機に乗る機会も多いでしょう。そんな飛行機を利用するときには格安航空券にしたいと思いませんか。今だと出来る限り安く済ませたいというのは、当たり前の心理です。
そうするためには、航空会社のホームページチェックが必要です。

航空会社のダイヤは変わるタイミングが狙い目

キャンペーンの文字ポップ
航空会社では、飛行機の航路と時間を細かく設定しています。大手のJALやANAだと多くのダイヤがあり、同じ航路でも朝から夜まで飛行機は離発着を繰り返しています。
一方、格安航空会社となると、いろいろな制限が設けられていることも有り、中でも利用できる航路が限られています。とはいっても、だいたいは羽田空港や関西国際空港、中部国際空港など大都市圏の空港を経由していますから、その地域であれば格安航空会社の利用も可能です。

そんな各航空会社ですが、特に春と秋にダイヤは改訂になります。3月と10月頃から新しいダイヤでスタートとなります。その頃の約2ヶ月ほど前、つまりは1月と8月ごろにはすでに新しいダイヤでの航空券が買えます。この1月と8月に買うと、大手のJALやANAだと早割で75日前といった最大限の割引での航空券が買えるということになります。
それからだんだんと45日前、30日前と割引も減ってくるのです。

また、ダイヤの改正時にはキャンペーンもやっていたりするので要チェックです。

格安航空会社では、予定が決まったらチェック

格安航空会社の飛行機では、座席数を増やして少しでも、人が乗れるようにしています。空席があるとそれだけ、赤字になってしまうからです。
もともと安くして乗客の数を増やそうとする狙いです。

そのため、空席の便があった場合には料金を下げるといったキャンペーンを急遽行うことがあります。あらかじめ予定が決まればその時にすぐにチェックしてみてください。すでに早割が効いていることもありますし、また空席にともなったキャンペーンで正規料金より安くなることもあります。
キャンペーンだと、当日の何時間か前まで安くなるなんてケースもあるので、まずは安くならないかチェックしてみてください。なお、航路は決まっていないので、その都度変わるものだと思っておきましょう。

なお、大手と違って格安航空会社だと前日でも早割するところもあります。そこだと急遽決まった旅行でも得することができます。

会員登録しておくこと

おうしたキャンペーンは、会員になっておくと、メールなどで早めにお知らせされることがあります。
航空会社によってマイルがあり、そのために会員になろうかなと考えている人もいるでしょう。しかし、こうした格安航空券のためにも会員になっておくことをオススメします。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 メリット以外も把握しよう!格安航空券の特徴とは All Rights Reserved.