格安航空券のデメリットも押さえておこう

夜の空港

格安航空券のデメリットも押さえておこう

格安航空券もすっかり私たちの生活に定着しました。格安航空会社が出たときには、かなり話題になりましたが、今ではそれほど大きくマスコミなどにとりあげられません。それも、もはや生活の一部として認められたからこそです。
そんな格安で旅行や出張ができる反面、デメリットもまだまだあることを押さえておきましょう。

格安にした旅行はやっぱりお得

正規料金だと往復で4~5万円位する航路でも、格安航空会社を使うと半分いかになることももはや当たり前です。キャンペーンだと、1万円を切る何てこともあります。これならば、本来の正規料金よりもお金もだいぶ浮きますし、その分を旅行中の買い物やお土産や食事代にも使えます。

また、格安航空券にしても航空会社によってはマイルをためることも可能です。その場合には、すこし正規料金よりもマイルのポイントは下がりますがそれでも貯められるのはありがたいです。
格安にすることで、いろいろとお得なことは多くなります。

その一方でデメリットがあるのを知っていますか


こうしたお得する反面、デメリットもあることを知っていますか。安くなるならそれでいいやとつい思ってしまいますが、やっぱり飛行機を利用するときの満足度も左右することなので知っておきましょう。
まず、大手のJALやANAならば、それほど安くしたとしたそれほどのデメリットは感じないでしょう。いつもと変わらぬ快適さを感じるはずです。
それと比べて格安航空会社の場合、大手と比べるとデメリット、もしくは違いを実感してしまうでしょう。

まずは、飛行機に乗ったときの座席です。前の座席とかなり近く、大人の男性だと足を伸ばすのは厳しいくらいです。ですので乗り降りでも窮屈さを感じますし、飛行中でも隣が気になりやすいかもしまれません。
また、座席の指定が有料になる、指定できないというケースもあります。

そして、飛行機にのせる荷物も大きさが決まっており、越すと追加料金を取られたりします。また預けるときも料金がかかるケースもあるので、トラブルにならないように荷物に関する料金は、聞いておくべきです。

あと、欠航については悪天候でない限りはあまりありませんが、遅延はしばしば起こります。大手と比べると目立ってしまいます。

それでも搭乗してみるのもいい

こうしたデメリットもありますが、気をつけたり、そうものなんだと思って乗れれば、そんなに気にならないかもしれません。まずは格安航空券で飛行機に乗ってみて、利用を続けられるか確認してみたらどうでしょうか。体験することが一番です。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 メリット以外も把握しよう!格安航空券の特徴とは All Rights Reserved.